白内障 目薬

白内障目薬通販関連

 

視力低下は、友達は「年齢」だからといいます。
メガネは 遠近両用は入っているのですが、55歳を超えてきたころから 急に見えるのですが、中途半端な距離がかすんできたのです。

 

 

困ったことは「あいさつ」でした。知らない顔はよくないので 挨拶はするようにしたら全然知らない人に挨拶したりしたりと。

 

ですから仕事でメガネをかけるようにしたのですが、冷凍室に 入る時もありレンズが曇るのです。

 

 

仕事の時間が決まっていたのでレンズが曇ると段取り悪くて

 

メガネをはずしてしまいます。すると仕事のスピードがおちるし なかなか病院にいくなりメガネ屋さんに行こ うかともおもいます。

 

一番の解決策はメガネを変えるしかないのかもしれません。

 

そしたらいろんなことが解決されるように思います。「年齢」 だから見にくいというのは違うようにおもいます。
元気なかたも おられるからです。

 

 

視力低下の原因にならないようにパソコンの専用メガネも 購入して使用していますし散歩して緑のものや目にいいもの

 

というようなことはしたのですが効果が出ませんでした。

 

年齢も50代後半にさしかかり、老眼だけでなく白内障にならないかと心配しています。

 

 

小学校高学年の頃から視力低下して、現在進行形で眼鏡使用しています。

 

メガネがなければパソコンの画面すら見えないほど、視力が低下しました。

 

コンタクトも使用したことがありますが、購入のたびに検査とかが煩わしくて・・・。

 

それにワンデイのコンタクトの金額も結構かさむんですよね。

 

だからと言って、洗浄したりするのは手間だし時間もったいないし、衛生面で行っても

 

使い捨ての方がいい気がするけれど、結局は使わなくなっていってしまいました。

 

 

 

メガネは結構不便だし、これからの時期日焼けが・・・。

 

きれいにメガネの部分が日焼けしにくくて、メガネの跡がくっきり残るんですよね。

 

私の視力低下は遺伝性の様で、しっかりと娘に受け継がれた様で、娘も昨年から眼鏡着用となりました。

 

息子は父親の遺伝子なのか視力がよく、裸眼で生活できているんです。

 

つまり、息子より娘の方が白内障のリスクが高いんですよね、心配です。

 

 

 

最近は安い眼鏡も出てきていますが、仕事用と普段用と用意すると結構な金額になるんです。

 

だからって一緒の眼鏡使ってると傷や汚れで劣化が早かったり、何かの拍子に壊れたりすると車の運転ができないという悪循環が生まれます。

 

そして私の住んでいるところは田舎なので、運転しないとメガネが買いに行けない・・・。

 

 

仕方ないんだろうけれど、視力が戻ればいいのにと思ってしまう自分がいます。

 

子供の頃は両目とも裸眼で2.0がクッキリと見えていたが、読書が趣味になった中学生時代以降、年々見えにくさを感じるようになってきた。

 

視力検査では眼鏡を必要としないとされる範囲の結果が出るのだが、以前より見えにくいというのはやはり不快な気持ちになってしまう。

 

どんな時に見えにくいと感じて困るかといえば、学生時代で言えば黒板の字をノートに書き写す時である。ノートを見ているとピントがノートに合うせいか黒板の字が見えにくく感じ、逆に遠くを見ていると手元が見えにくくなる。ピントの切り替えが頻繁に続くと、全体的にぼんやりした感じになり、目の疲れや頭痛を感じるようになる。

 

社会人になり、黒板の字を見る事が無くなって、視力は落ちたとはいうものの1.0はあり、車の運転免許を取る際にも視力検査で引っかかる事もなく、こんなものかと思い暮らしていたが、ここ数年で急に視力が落ちてしまった。

 

それは、スマートフォンを使うようになったからではないかと思う。
機種購入後、ブルーライトに照らされた小さな文字を追って、暇さえあればアプリでゲームや文章を読む時間が劇的に増えた。
このブルーライトが白内障のリスクを高めていると聞くとなんでスマホで本が読める的なアイテムを発売するんだとむかつく。

 

昨年の健康診断の眼科検診で、視力は両目とも0.7、さらに、遠視と乱視という診断をうけた。眼鏡を常用するかのボーダーラインだそうだ。壁に張り付けたプリント類の文字が遠くからでも読めた私の目だったが、いまはぼんやりと何か書いてあるな、くらいにしか見えなくなってしまった。

 

数年後には、眼鏡を常用しているのかもしれない。

 

 

このように、近年は目が悪い人が周りに増えています。
裸眼だと逆に驚かれるくらいです。

 

しかし、近眼は見えないというデメリットばかりではありません。
白内障は加齢とともに発症リスクが高まる目の病気ですが、スマホの普及などのIT環境の急速発展により白内障に若くして発症するリスクが高まっています。

 

つまり、近眼は白内障のリスクを高めることになります。