なぜホワイトニングが必要なのか?口元の清潔感って大前提ですよね

 

 

どんなにキレイに化粧をしていても、どんなにオシャレであっても清潔感がない異性というのは共通して避けられる傾向にあるのではないでしょうか。

 

それは例え、髪の寝グセが酷い男性やニキビ顔の女性、ひとよりも太っているといった容姿
でも、清潔感さえあれば選ばれる可能性はおおいにあります。

 

たまにいますが小指の爪を伸ばしているイケメンと深爪になるくらいに指の爪を切っている男性では清潔感では後者となるでしょう。

 

どんなに格好がよくても、どんなに絶世の美女でも汚いや臭いはテンションが下がります。
昔は、人を好きになる秒数は9秒とか5秒とか言われていましたが、いまは0.2秒とか0.4とかだそうです。

脳科学的に実験された結果のようですが、人は瞬時に相手のイメージやレッテル貼りができてしまうのも、わかるような気がしますね。

第一印象というのは大事だと言うことです。

 

目線の範囲でイメージが決まる

 

人の目線はやはり「顔」というのが二足歩行の私たちでは当たり前の目線となるでしょう。
まずは目が合うということがあると思います。目の印象というのも女性の化粧が目元中心に

アイラインやマスカラ、つけまつげなど豊富なことからも重要なのだとわかります。
次に気になるのは口元ではないかと私は思うんですね。

鼻もでしょうけれど、鼻毛が飛び出してるとか、鼻水垂れてるとか
はあるかもしれまんが、大概のひとが気を付けているような気もするのでやっぱり
次は口元かなと思うんです。

 

人間は言葉を交わしてコミュケーションをおこなうわけですから、どうしても口元は
目が言っているものです。

 

そのとき、清潔感のない口元はどうでしょうか?

 

例えば唇がガサガサしている、歯並びがガタガタ、歯の色が黄ばんでいる
歯の隙間に食べ物のカスが挟まっている、青のりなんてあまり仲良くないひとだったら

 

もうそれだけで「青のりの人」ってなってしまいます。(笑)

 

冗談でもなんでもなくて、本気で口元は気をつけたいですが
案外、無防備なひとは多く、特に歯並びは日本人はあまり気にしないひとがまだまだ多いです。

とくにアメリカなんかでは歯並びは子供のころから治させることが多いのは知っているひとも
いますよね。

医療保険などが充実していないアメリカであっても昔から歯科技術は日本よりも断然意識が高いです。

 

それは歯のホワイトニングなども一緒ですね。
最近になって意識するひとも多いようですが、おとなり韓国などに比べると歯医者にはいってもホワイトニングにお金をかけるひとは少ないです。

 

綺麗好きなはずの日本人ですが、タバコを吸う人も、茶しぶや食物のステイン汚れも
そのまま放置、歯磨きだけはしているってひとがほとんどです。

 

むし歯は予防するけどホワイトニングはしないのはなぜ?

 

なんとなくですが、ホワイトニングって昔から高いイメージってあるんですよね
歯科関連の保険外の治療や歯の矯正なんかもそうですが、ホワイトニングとかの

部類は実際に高いです。

 

しかし、歯を白くするためのホワイトニングにもいくつかの手法があって
わざわざ歯医者に通わなくても効果のあると言える方法も出てきています。

 

ホワイトニング先進国では当たり前のように売られている歯の漂白なんかの製品もそうです。
だいたいこの手の歯を白くするためのホワイトニング剤は昔から海外製品からの輸入品として

 

手に入ることが多かったと思います。
インターネットがなかったころはソニプラなんかの輸入雑貨店などに歯を白くするための
消しゴムやマニュキュアなどが流行ったことがあります。

 

歯の漂白は海外でも主流ですが、日本では市販できません。
なので歯医者などで施術するか、指導を受けたのちに自宅で漂白というものがあります。

 

なぜなら歯の漂白には薬剤を使うため日本では医師が必要になるからです。

 

その他にはラミネートベニアや歯そのものをセラミック製の白い歯に交換するなどが
ありますが、衛生面などメンテンナンスが必要となるので案外ランニングコストもかかるものです。

 

流行りのホワイトニングスタンドよりも手軽?

 

お金があるのであれば、手っ取り早く白い歯を手に入れることができる
そのような手法も選択したいものですが、できれば自然な歯の白さを取り戻したいという場合には日頃から漂白の施術を受けていると白さを保つことも可能です。

 

その場合の費用はだいたいオフィスホワイトニングといってクリニック(審美歯科)などで
5~6万円くらいかかってしまいます。

 

だいぶお高いですね( ˘•ω•˘ )

 

ホームブリーチングといって自宅でおこなうことができるものでも3万円~くらいです。

最近ではホワイトニングスタンドのようなカフェ感覚で歯のホワイトニングができてしまう
サロンも登場しているのをご存じですか?

 

こちらだと約1万円くらいでホワイトニングができます。
基本的には自分でやるセルフホワイトニングになるはずです。そして使用するのはいままでの歯科医院でつかう漂白薬剤ではなく、違う成分を使用します。

 

なので、医師は必要なく場所だけを提供していてエステ感覚でホワイトニングができます。
これはこれで良いな~と思うのですが、

 

実はこの歯を白くする漂白ではない成分は市販もされている成分なので
わざわざどこかのホワイトニングスタンドに出向くことなく

 

自宅でも歯のホワイトニングができてしまいます。
普通にネットなどでも通販している商品です。

 

一昔前までは、使っても効果があるのかどうかわからないけど
とりあえずステイン汚れを落とすとい言うから使ってるて製品もお薬屋さんなんかありましが
それらとは中身が少し違いがありますね。

 

というのも医薬部外品になるので、効果の期待度が高いんですよ
価格も1回130円くらいで自宅ホワイトニングが可能になってしまいます。

歯の漂白剤通販