ホワイトニングサロンで使用している成分と同じものが通販で手に入るのそっちのほうが安くね?って話し

セルフでやるホワイトニングサロンって知ってますか?

今では10代20代の間でも話題となっているホワイトニングサロンなども小さなスペースやビルの一角などにありますね。

この場合、医者が施術するわけではなくブリーチングではなくポリリン酸自身で施術をおこなうのがほとんどです。電動歯ブラシを使うときにはチューブ歯磨き粉を購入するよりもリキッドジェルタイプのホワイトニングハミガキを利用するほうがエナメル質を傷つけず歯を磨くことができます。

審美歯科などで使うポリリン酸ナトリウム系の成分が入っている歯の黄ばみや変色を落とす商品が増えてきていて有名人にもブログやSNSでで紹介したりどれが一番実感があるかといえばポリリン酸系のステイン分解成分がよく売れています。ポリリン酸は黄ばみや落ちにくい色素沈着を分解して落とすことから汚れを削り落とす研磨とは違ってステインを浮き上がらせて落とします。ステインをこそぎ落とす消しゴムを聞いたことがありますか?Amazonなどでも買えるステインイレーサーはハミガキでは落ちないしつこい汚れをピンポイントで落とします。

研磨と同じ原理ではあります。食品の中にはワインやコーヒー、カレーなど色の付いている食品にはほとんどといってポリフェノールを多く目立って入ってるためそれらを食事の度にとっているといつの間にか歯の黄ばみの原因となっている場合があります。最近のホワイトニング剤は美歯にする効果だけでなくポリアスパラギン酸を入れている商品にはピンク色の綺麗な歯ぐきを保ったりしかも、お口の中の細菌をおさえて口臭を防ぐこともしてくれるので総合的にマウスケアもできてしまいます。かかりつけの歯医者などでは軽い歯の黄ばみやヤニの洗浄をしてくれる歯医者もありますが、本格的な黄ばみや変色は簡単に落ちるものでもないです…。毎日の歯磨きと同様に簡単にステイン除去することがやれればこれに越したことはありません。ポリリン酸ナトリウム配合のホワイトニング剤であればそれが可能です。

ホワイトニングで人気があるのはセラミッククラウンという金属や樹脂にかぶせ物をするホワイトニングクリニックでも色々と進歩していて素材が用途によって選択できたりコンポレッドレジンやジルコニアなどの人工ダイヤを使用したセラミックやもっとハイエンドなのはe-MAXと言って特殊なガラス素材とセラミックが一緒になった透明度の高いナチュラルな歯の質を再現した素材もつくられており硬くてもろくなくビジュアルも良くて安い!ということでセラミッククラウンをはじめるひとも多くなっているの現状です。

ポリアスパラギン酸配合のホワイトニングは気になる歯の汚れを丁寧に改善していきながら、色素沈着のリデポジションの予防もするので輝く白い歯を保つことができます。

一昔前の歯の黄ばみ汚れ、変色などハミガキでは落ちにくい落ちない汚れを白くするには強い研磨ハミガキを用意するのがあたりまえのときもそう昔の話しでもありません。

ポリリン酸ナトリウム配合の着色汚れの化学分解は煩わしい手法を掛けることなく、わざわざ出向くこともなけばやりたいときにブラッシングを交換すれば除々に歯を白くしていきます。ブリーチングは施術費用に3万~6万円ほど掛かってきます。

またイメージどおりの白さになるまでには強いおクスリを使うことになります。

白い歯をキープしておくことは美容ケアと同じように当然のことになりつつあります。

それに、メイクや髪型に時間を気を遣って見た目は綺麗に見えても歯が黄ばんでいれば台無しになってしまいます。セラミックやラミネートは時間をかけずに白い歯と綺麗な歯並びを手に入れることができます。

ところが、カラートーンを欲張るとまったく自分にあっていない歯の白さは当然胡散臭い印象を受けてしまいます。

市販品として売られている歯を白くする商品の中で一番効くとおもった…。